岡崎 章/OKAZAKI akira

博士(感性科学)[Doctor of philosophy in Kansei science](筑波大学)
「デザインにおける感性の働きに関する研究」

The function of Kansei in Design Process

デザイン学修士(筑波大学)
「製品に於ける“わかりやすさ”についてのユーザ・インタフェースの設計に関する研究」



所属学会等
日本デザイン学会
感性工学会
医療の質・安全学会
日本小児看護学会
日本小児保健学会



拓殖大学 工学部 工業デザイン学科 教授 [感性デザイン研究室] (2008年-)
(同上) 准教授 (2002年-2008年)
筑波大学 芸術学系 専任講師(1997年-2002年)
筑波大学 感性評価構造モデル構築特別プロジェクト専従研究員 (1997年-2002年)
東北芸術工科大学 デザイン工学部 生産デザイン学科 助手 (1992年-1997年)

武蔵野美術大学 デザイン情報学部 非常勤講師 (2004年-現在)
慶應義塾大学 理工学部 非常勤講師 (1999年-2009年度)



------------------------------------------------------------------
T.科学研究費 [筆頭]
[研究種目] 平成20年度科学研究費補助金基盤研究(B)
[期間] 平成20年−23年
[研究課題名] 恐怖感・不安感に対してカスタマイズ可能なインフォームドアセント用ツールの開発
[研究経費] 16,780,000円

[研究種目] 平成17年度科学研究費補助金基盤研究(B)
[期間] 平成17年−19年
[研究課題名] 入院患児に対するプリパレーション・システムの構築とその効果
[研究経費] 10,200,000円

[研究種目] 平成13年度科学研究費補助金基盤研究(B)
[期間] 平成13年−14年
[研究課題名] 遠隔操作ロボットを用いた感性評価構造モデルの構築
[研究経費] 18,900,000円

U.科学研究費[共同]
[研究種目] 平成21年度科学研究費補助金挑戦的萌芽研究
[期間] 平成21年−23
[研究課題名]入院中の小児に対する事故危険回避教育ツールの開発

[研究種目] 平成20年度科学研究費補助金基盤研究(B)
[期間] 平成20年−23年
[研究課題名]成人移行期の小児慢性疾患患者の心理的社会適応を高める多職種協同患者中心型看護モデル


[研究種目] 平成17年度科学研究費補助金基盤研究(C)
[期間] 平成17年−18年
[研究課題名] インタラクティブメディアを用いた10代の小児慢性疾患患者の心のケアモデルの開発

[研究種目] 平成14年度科学研究費補助金萌芽研究
[期間] 平成14年
[研究課題名] 触覚(Tangible)インタラクションを用いた感性情報メディアの研究

[研究種目] 平成13年度科学研究費補助金基盤研究(B)
[期間] 平成13年−14年
[研究課題名] 3Dデザイン発想支援における感性の働きの解明と感性評価構造モデルの構築

[研究種目] 平成13年度科学研究費補助金特定領域研究(A)
[期間] 平成13年
[研究課題名] SCS方式とWeb方式ハイブリッド化した遠隔教育システムの開発

[研究種目] 平成10年度科学研究費補助金基盤研究(C)
[期間] 平成10年−11年
[研究課題名] 感性評価構造モデル構築基礎実験のための遠隔操作鑑賞ロボットの開発

V.科学研究費以外に受けた研究費およびプロジェクト
拓殖大学 工学部 採択型研究
[期間] 平成22
[研究課題名]  易感染性小児がん患児のための食支援ツールの開発


拓殖大学 理工学総合研究所 個人研究助成
[期間] 平成19
[研究課題名]  小児骨髄穿刺用プリパレーションのためのカスタマイズ可能なツールの開発

NTT東日本
[期間] 平成16
[研究課題名]  パーソナルポータルPFのインタフェースデザイン

NTT東日本共同研究
[期間] 平成15
[研究課題名]  PersonalPortalSiteの感性評価

拓殖大学 理工学総合研究所 個人研究A
[期間] 平成15
[研究課題名] 不可視オブジェクトの可視化表現方法と感性評価に関する研究

筑波大学 科学研究
[期間] 平成12年
[研究課題名]  3D鑑賞時における感性行動と感性評価に関する研究

東北芸術工科大学 特別研究
[期間] 平成9
[研究課題名] プロダクトデザインの表現技法に関する研究

東北芸術工科大学 特別研究
[期間] 平成6
[研究課題名] ユーザ・インタフェース・デザイン

など.

------------------------------------------------------------------
学会・学術団体・他の活動
1990年9月 日本デザイン学会 正会員
1996年10月日本デザイン学会秋季大会実行委員
1999年9月 日本感性工学会 正会員
2000年8月-2002年3月 ユニバーサルデザインフォーラム 会員
2001年4月 ユーザー要求研究会 会員
2002年5月日本デザイン学会春季大会実行委員
2002年6月 CG-ARTS協会 委員
2003年 6thADC 論文査読委員
2003年 日本デザイン学会 理事
2004年 日本デザイン学会 理事(作品審査・作品集編集委員)
2004年11月 Design Forum 2004 at Keio Univ.日本デザイン学会秋季企画大会実行委員
2005年 筑波大学 感性科学博士 論文審査員
2005年 日本デザイン学会 理事(作品審査・作品集編集委員),作品審査員
2005年 IDC2005 (IASDR2005) (旧 7thADC) 論文査読委員
2006年1月 医療の質・安全学会 正会員
2006年4月 日本小児看護学会 正会員
2007年7月 KEER2007 論文査読委員

受賞
2000年10月 日本感性工学会優秀論文発表賞
     「鑑賞用リモートコントロールロボットによる感性行動」
2007年10月 2007年度グッドデザイン賞(中小企業庁長官 特別賞)
     「入院患児のための手術用プレパレーション」
2007年11月 医療の質・安全学会 ベストプラクティス優秀賞
     「入院患児に対する術前プレパレーション・ツール“Smile”」 
2008年06月 日本デザイン学会 グッドプレゼンテーション賞
     「動体検知を用いたストレスコーピング・ツールの開発」
2008年09月 日本感性工学会 優秀発表賞
     「小児骨髄穿刺におけるプレパレーション・ツールの開発と効果」
2008年11月 拓殖大学 総長賞
     小児患者の立場に立った一連の研究・活動を評価
して
2009年08月 第3回キッズデザイン賞
     「CVカテーテル用パレーション・ツール“KIZUNA”の開発」
2010年05月 2010 KOSES & JSKE Cooperative Symposium 優秀論文発表賞
     「The development of the conceptual model visualization program」
2010年07月 第4
回キッズデザイン賞
     「看護師と患児の関係を密にして安心感を支援するツール」


------------------------------------------------------------------
学術論文・作品
The development of the concept quantitative visualizer "rami",Hong-Seok Choi・Akira Okazaki,Proceedings of the 2nd International Service Innovation Design Conference(ISIDC2010),269-274,2010

Literacy tool development for child patient of adult shift period,Shinya Tazaki・Akira Okazaki・Mitsue.Maru,Proceedings of the 2nd International Service Innovation Design Conference(ISIDC2010),205-208,2010


The Development of the Conceptual Model Visualization Program, Hong-Seok Choi・Akira Okazaki,Korean Journal of the Science of Emotion & Sensibility,Vol.13 No.3,573-580,Sep.2010

手軽さと効果を考慮したプレパレーション・ツールの開発,伊藤弘樹・岡崎 章・内藤茂幸・吉川佳孝,日本デザイン学会デザイン学研究作品集,Vol15 No.15,78-83,2009

デジタルクレーモデラーを用いた感性評価方法の提案,田崎慎也,岡崎 章,日本感性工学会論文誌 感性工学研究論文集,第8巻4号(通号24号),1113-1120,2009


Interface Design for Assisting Explanation to the Parents of Invalid Children before Kidney Biopsy,International Service Innovation Design Conference 2008, OH Gi-Dong, Akira OKAZAKI, Takayuki Shibata, Shigeyuki Naitoh, 389-399,200810月22日

小児看護におけるプレパレーション・ツールの開発,伊藤弘樹・岡崎 章・内藤茂幸・吉川佳孝,日本デザイン学会研究論文集第55巻第2号通巻188号,pp.97-106,2008年7月

Development of an Illustrated Book for Medical Preparation Attentive to the Mind of Children with Illness,International Symposium for Emotion and Sensibility 2008, OH Gi-Dong, Akira OKAZAKI,Koji ONDA, Kouki ITOH, Harada Yasushid, Shigeyuki Naitohe,Kikkawa Yoshitaka,Emotion Research in Practice,114-117,2008年6月

Measurement and Verification of Painter's Eye Movements when Appreciating a Painting,Shinya Kono・Hiroki Ito・Akira Okazaki,・Akira Kijima, International Conference on Kansei Engineering and Emotion Research 2007,No.114(CD-ROM)

Development and Effectiveness of a “Preparation Tool” in relation to Pediatric Bone Marrow Puncture,Kouki Ito・Akira Okazaki・ Shigeyuki Naito・Yoshitaka Kikkawa,International Conference on Kansei Engineering and Emotion Research 2007,No.43(CD-ROM)

入院患児に対する術前プレパレーション・ツール
岡崎 章・伊藤弘樹・恩田浩司・内藤茂幸・吉川佳孝,日本デザイン学会誌デザイン学研究作品集第12巻第12号通巻12号,24-27,2007年3月

CGを用いた不可視オブジェクトの可視化と触感表現に関する研究,恩田浩司・菊池 司
岡崎 章,日本デザイン学会研究論文集第52巻第3号,pp.41-48,2005年9月

Webグループウェアにおける視覚情報によるアウェアネス支援に関する研究,望月 敦・菊池 司・小野塚達也・工藤崇伸・岡崎 章,日本デザイン学会研究論文集第52巻1号,pp.27-36,2005年5月

Visual Simulations of Hand TouchingIntroducing Elastic Deformation and Color Change,Youhei Ishiguro・Tsukasa Kikuchi・Akira Okazaki,Proceedings of NICOGRAPH International 2005,pp.55-60,2005年4月

パーソナルポータルPFのためのユーザインタフェースデザイン,岡崎 章,呉 起東,菊池 司,小野塚達也・工藤崇伸,日本デザイン学会誌デザイン学研究作品集第10巻第10号,pp.52-55,2005年3月

Webナビゲーション技術にみる情報デザイン・情報視覚化の最近の動向,菊池司・伊藤 貴之・岡崎 章, 芸術科学会論文誌Vol.4,No.1,pp.1-12,2005年3月

デザイン領域の新たなる広がりとしてのExperience Design, 菊池 司 ・工藤芳彰・ 岡崎 章 ・木嶋 彰 ・古屋 繁,芸術科学会論文誌Vol.3,No.1 35-44,2004年3月

A Study of the Digital Media Design Education Methodology and Application of Japan and South Korea,Oh, Gi-Dong,Akira Okazaki,Jeong Jae-Wook,Makoto Okamoto,Journal of the Asian Design International Conference Vol.1 11,K-38(CD-ROM) , 2003年10月

The Development of Method for Visually Simulating Clouds for Outdoor Views -The development of a CG animated production support tool for cumulonimbus cloud simulation based on particle- ,共著,Journal of the Asian Design International Conference Vol.1 61,G-31(CD-ROM) , 2003年10月

イスラム文化におけるカリグラフィーを題材とした3DCGコンテンツの制作,共著,芸術科学会論文誌Vol.1,No.4 167-175,2002年12月

Appreciation Behavior based on Kansei in a Virtual Art Museum using VRML,Akira Okazaki,SeungHee Lee,Akira Hirotomi,Akira Harada,The 5th Asian Design Conference International Symposium on Design Science,CD-ROM,2001年10月

Appreciation Behavior based on Controlled Robot, Kapros toward Kansei Evaluation Modeling,SeungHee Lee,,Akira Okazaki,Akira Hirotomi,,Akira Harada,The 5th Asia Design Conference International Symposium on Design Science CD-ROM, 2001年10月

Modeling Kansei:An Analysis of how People Appreciate Art through a Remote Controlled Robot,共著,The 5th Asia Design Conference International Symposium on Design Science CD-ROM, 2001年10月

モバイルオブジェクト技術を用いた遠隔ロボット操作システムの実現, 松原克弥・加藤和彦・前山祥一・油田信一・岡崎 章・原田 昭, ,コンピュータシステム・シンポジウム論文集,Vol. 2000,No.3,pp.147-154,2000年11月

KANSEI Elements of User Interface for the Networking Robot,共著,The 4th Asia Design Conference International Symposium on Design Science CD-ROM,1999年10月

The KANSEI Behavior in the Real Museum and in VRML,Akira Okazaki・Hiroya Igarashi・Akira Harada,The 4th Asia Design Conference International Symposium on Design Science,pp.701-710,1999年10月

The Visual Information Processing for Remote-Control Robot,Akira Okazaki・Hiroya Igarashi・Akira Harada,The 3rd Asia Design Conference Proceeding Vol II,627-634,1998年10月

Feedback System for Product Design Using Interne,Akira Okazaki,The 2nd ADC,pp.885-888,,1997年10月

手の動きと形からのデザイン,岡崎 章・渥美浩章,日本デザイン学会研究論文集第43巻5号,pp.5-12,1997年1月

など.

------------------------------------------------------------------
その他
子どものヘルスプロモーション促進に向けた幼稚園での看護プログラム「予防接種ってなに?」の実践,吉川佳孝・朝野春美・簗瀬順子・川口千鶴・山本美佐子・及川郁子・濱中喜代・長谷川桂子・石井由美・田村敦子・佐竹留美子・岡崎 章,第57回日本小児保健学会演題集,p203,演題番号P1-093,2010.9

易感染性にある小児がんの子どもの食生活を支援する携帯サイトの開発,柿沼佐代子・岡崎 章・住吉智子,日本デザイン学会第57回研究発表大会概要集,10-11,2010.7

概念モデル可視化ツールの開発,
岡崎 章,崔ホンソク,日本デザイン学会第57回研究発表大会概要集12-13,2010.7


Development of accident preventio educational tool for children and parents in the hospital,Harada YasushiOkazak AkiraiYmaguchi KeikoHattori Junko・Akamatsu Sonoko,2010 KOSES & JSKE Cooperative Symposium,Korean Society for Emotion & Sensibility,196-197,May 2010

Development of a preparation tool for CV catheter with a grade indicator of perceived pain ,Oh Gi-Dong
Akira Okazaki・Hiroo Yamanaka・Yuka Kato,2010 KOSES & JSKE Cooperative Symposium,Korean Society for Emotion & Sensibility,198-199,May 2010

The development of the helth literacy site of adult shift period for chronic renal disease patient,Shinya TazakiAkira OkazakiMitsue Maru,2010 KOSES & JSKE Cooperative Symposium,Korean Society for Emotion & Sensibility,202-203,May 2010

The development of the conceptual model visualization program,Hong-Seok ChoiAkira Okazaki2010 KOSES & JSKE Cooperative Symposium,Korean Society for Emotion & Sensibility,212-213,May 2010


チャイルドライフ・デザイン −子どもの視点から見た小児がん治療−,
岡崎 章,日本小児がん看護学会 第7回日本小児がん看護学会教育セッションテキスト,118-121,2009,11

インタラクティブメディアによる小児慢性疾患患者のための成人移行期準備プログラムの試作,丸 光惠・岡崎 章・村上育穂,日本小児看護学会 第19回学術集会講演集,p144,札幌コンベンションセンター,2009.7.19

CVカテーテル用プレパレーション・ツール「kizuna」の開発,山中洋雄・岡ア 章・加藤 由香・内藤 茂幸,第56回日本デザイン学会春季研究発表大会概要集,D03,2009

チャイルドライフ・デザインの展開と今後,田崎慎也・岡ア 章・山中洋雄・呉 起東・内藤 茂幸・吉川 佳孝,第56回日本デザイン学会春季研究発表大会概要集,D01,2009

看護師との関係を密にすることで患児の不安感を軽減するツール,柿沼 佐代子・岡ア 章・内藤 茂幸,第56回日本デザイン学会春季研究発表大会概要集,D02,2009

中心静脈カテーテル デジタルプレパレーションツールの開発,加藤由香・野村明孝・坂口公・阿部泰子・高嶋能文・堀越泰雄・三間屋純一・山中洋雄・岡崎 章,第31回日本造血細胞移植学会総会抄録集,295,2009.2

感性を直接的に定量化する方法の提案,田崎慎也・岡崎 章,第55回日本デザイン学会研究発表大会概要集,268-269,2008.6

CVカテーテル用プレパレーション・ツールの開発,山中洋雄・岡崎 章・伊藤弘樹・加藤由香・ 内藤茂幸,第55回日本デザイン学会研究発表大会概要集,266-267,2008.6

カスタマイズ可能な小児骨髄穿刺用プレパレーション・ツールの開発,伊藤弘樹・岡崎 章・呉 起東・ 内藤茂幸・ 吉川佳孝,日本デザイン学会第55回研究発表大会概要集,264-265,2008.6

動体検知を用いたストレスコーピング・ツールの開発」,瀬賀 誠一・ 岡崎 章・ 内藤茂幸・ 吉川佳孝,日本デザイン学会第55回研究発表大会概要集,270-271,2008.6,(グッドプレゼンテーション賞受賞)

感性デザインと医療看護の共同研究によるデザイン展開,岡崎 章,日本デザイン学会誌,デザイン学研究特集号,第15巻3号,通巻59号,43,2008.3

小児骨髄穿刺におけるプレパレーション・ツールの開発と効果,伊藤弘樹・岡崎 章・ 内藤茂幸・ 吉川佳孝,第9回感性工学会予稿集2007,H64 (CD-ROM),2007.8

絵画鑑賞時における画家の視線運動の測定と検証,河野真哉・伊藤弘樹・岡崎 章・木嶋 彰, 第9回日本感性工学会大会予稿集2007 C03(CD-ROM),2007.8

術前プレパレーション開発とその効果 −動作解析システムによる評価を中心に−,内藤茂幸・油谷和子・吉川佳孝・岡崎 章,第17回日本小児看護学会,2007.7

看護師支援用プリパレーション・ツールの開発と効果, 伊藤弘樹・岡崎 章・内藤茂幸・吉川佳孝,日本デザイン学会 第54回研究発表大会概要集 ,B15,2007.6

小児看護におけるプリパレーション・ツールのインタフェースデザインとその有効性,伊藤弘樹・恩田浩司・岡崎 章・内藤茂幸・吉川佳孝,第8回日本感性工学会大会予稿集,255,2006.9

小児腎生検における患児の保護者を対象とした説明支援用インタフェース・デザイン,柴田高幸・岡崎 章・内藤茂幸・吉川佳孝,第8回日本感性工学会大会予稿集2006,254,2006.9

コンピューターグラフィックス・アニメーションで構成された自己決定の要素を持つ術前プレパレーションツール開発とその効果−幼児後期における絵本との比較を通して−,内藤茂幸・油谷和子・別府千恵・吉川佳孝・石井真・岡崎 章,第37回日本看護学会抄録集−小児看護−,50,2006.9

パーソナルコンピュータを用いた術前プレパレーションツールの開発 −絵本との比較を通して−,内藤茂幸・油谷和子・吉川佳孝・岡崎 章,日本小児看護学会 第16回学術集会講演集,230-231,2006.7

サイコロジカル・プリパレーションにおける看護師支援のためのインタフェース・デザイン,伊藤弘樹,恩田浩司・岡崎 章・内藤茂幸・吉川佳孝,日本デザイン学会第53回研究発表大会概要集,258-259,2006.6

チャイルドライフ・デザインの必要性と展開−小児医療現場における,子ども中心のデザイン−,柴田高幸・岡崎 章・内藤茂幸・吉川佳孝,日本デザイン学会誌第53回研究発表大会概要集,256-257,2006.6

薬の識別しやすい標示方法の提案,河野 真・高山かなこ・岡崎 章・木嶋 彰,日本デザイン学会誌第53回研究発表大会概要集,128-129,2006.6

小児病棟のプレイルームにおける知識創造プロセスとしてのデザイン利用,周東淳子・ 岡崎 章,日本デザイン学会誌第53回研究発表大会概要集,284-285,2006.6

プリパレーションにおける看護師を支援するインタフェースデザイン,伊藤弘樹・恩田浩司・柴田高幸・岡崎 章・内藤茂幸・吉川佳孝,第2回日本感性工学会春季大会予稿集2006,97-98,2006.3

チャイルドライフ・デザインの必要性について−患児の保護者を対象とした、腎生検の説明を支援するインタフェースデザイン−,柴田高幸・伊藤弘樹・恩田浩司・岡崎 章・内藤茂幸・吉川佳孝,第2回日本感性工学会春季大会予稿集2006,95-96,2006.3

小児病棟における他専門分野との取り組みについて−看護師と感性デザイン研究室との連携に関する報告−,吉川佳孝・内藤茂幸・岡崎 章,第36回日本看護学会抄録集−小児看護−,p.44,2005年9月

Web型グループウェアにおける視覚情報によるアウェアネス支援に関する研究,菊池 司・望月 敦・岡崎 章,拓殖大学理工学研究報告Vol.9No.2,pp.85-92,2004年10月

屋外景観映像制作のための雲のビジュアルシミュレーション,菊池 司,岡崎 章,藤本忠博,村岡一信,千葉則茂,拓殖大学理工学研究報告Vol.9No.2,pp.77-84,2004年10月

感性情報の融合を目指したデザイン学研究,菊池 司,岡崎 章,平成16年度日本デザイン学会第51回研究発表大会学生作品プロポジション,pp.14-15,2004年6月

CGを用いた透明オブジェクトの可視化表現に関する研究と感性評価,恩田浩司,菊池 司,岡崎 章 ,2004年第3回NICOGRAPH春季大会論文&アート部門コンテスト概要集,pp.69-70,2004年5月

透明オブジェクトの可視化による新しいCG表現への試み,菊池 司,恩田浩司,出浦寿恵,岡崎 章, 2003年芸術科学会NICOGRAPH秋季大会論文集,pp.159-164,2003年10月

Experience Design & Experience Visualization,ShigeruFURUYA,AkiraKIJIMA,AkiraOKAZAKI,TsukasaKIKUCHI,YoshiakiKUDO,6th Asia Design Conference, Industrial & Academic Research Proposition Showcase CD-ROM,2003年10月

CGを用いた可視化表現と感性評価に関する研究,恩田浩司,菊池 司,岡崎 章,画像電子学会第204回研究会講演予稿集,pp.7-11,2003年9月


Webグループウェアにおける視覚情報とアウェアネス支援に関する研究,望月敦,菊池 司,岡崎 章 ,2003画像電子学会第31回年次大会予稿集,pp.53-54,2003年6月

映像制作における自己イメージの変化に関する研究,恩田浩司,岡崎 章,菊池 司 ,第50回日本デザイン学会研究発表大会概要集,pp.126-127,2003年5月


PersonalPortal PFのユーザビリティ評価,岡崎 章,東日本電信電話株式会社,2003年5月

鑑賞用リモートコントロールロボットによる感性行動,岡崎章・五十嵐浩也・原田昭・前山祥一,第2回日本感性工学会大会予稿集2000,p164
優秀論文発表賞

Kansei Evaluation by a Remote Controlled Robot Designed for Viewing Art Exhibits,共著,Proceeding of the 2000 Spring Conference of KOSES & International Sensibility Ergonomics Symposium,pp.301-305,2000年6月

ダイナミック・インタラクティブ・グラフィックスによるサイバースペース上の情報提示,原田 泰・山中敏正・五十嵐浩也・岡崎 章原田 昭,デザイン学研究. 研究発表大会概要集  (44)  pp.46,1997年10月

高齢者社会のデザイン教育,岡崎 章,日本デザイン学会研究特集号第4巻4号通巻16号,pp.32-37,1997年3月

Study and Development of Furniture for the Age,Akira Okazaki,Keiko Abe,Hidefumi Furihata,Proceedings of the 1st China-Japan Joint International Symposium on INDUSTRIAL DESIGN,1996年9月,pp.169-176


など.


------------------------------------------------------------------
著書等
「感性科学から看護観を捉える」,臨床看護臨時増刊号vol.36 No.12,p1667-1675,へるす出版,2010年

『感性操作』するインタフェースを持つインタラクティブツール小児看護,カラーグラフ,へるす出版,p1184-p1190,2010年8月

「感性デザインとは −デザインを知る、感性を知る」,株式会社デザインコンパス,2009年7月7日


「中学校学習指導要領解説 美術編」
,共著,文部科学省,2008年7月


「入院患児のための手術用プリパレーション」
, 共著, 株式会社 O Creation ,2006年11月


感性評価1」岡崎 章編著,筑波大学感性評価構造モデル構築特別プロジェクト研究組織研究報告集,1998年3月

「感性評価2」
岡崎 章,編著,筑波大学感性評価構造モデル構築特別プロジェクト研究組織研究報告集,1999年3月

「感性評価3」,
岡崎 章,編著,筑波大学感性評価構造モデル構築特別プロジェクト研究組織研究報告集,2000年3月

「感性評価4」,
岡崎 章,編著,筑波大学感性評価構造モデル構築特別プロジェクト研究組織研究報告集,2001年3月

「感性評価5」,
岡崎 章,編著,筑波大学感性評価構造モデル構築特別プロジェクト研究組織研究報告集,2002年3月


------------------------------------------------------------------
招待講演
「子どもの治療・回復を支援するインタラクティブ・ツール」,日本小児がん看護学会,教育講演,東京ベイホテル東急,2009年11月28日

「感性操作のためのデザイン,感性を知るためのデザイン」,第63回学術講演会(ファジィフロント), 日本知能情報ファジィ学会関東支部・日本人間工学会感性情報処理・官能評価部会 主催,2009年10月31日

「小児看護医療現場を支援するチャイルドライフ・デザインとは何か」,日本デザイン学会第56回春季研究発表大会,オーガナイズド・セッション(テーマ:デザインされたものの提供からデザインすることの共有へ),パネリスト,2009年6月27日

「看護医療に必要なチャイルドライフ・デザインの展開」,招待講演,ウルサン大学,2008年12月5日

「看護医療に必要なチャイルドライフ・デザインとはなにか?」,特別講演,札幌市立大学,2008年10月8日

「子どもと家族中心の医療を考える」,第18回日本小児科看護学会学術集会,一般校公開シンポジウム,シインポジスト,2008年7月26日

「痛みを伴う検査・処置をうける子どもの心理的準備」」,東京医科歯科大学大学院保健衛生学研究科 思春期看護研究会,2008年2月

「小児看護における感性デザインの役割  〜チャイルドライフ・デザインの必要性とその展開〜」,
(社)計測自動制御学会 システムインテグレーション(SI)部門 ロボット・セラピー部会,2006年11月

「学・学連携デザイン−プリパレーション・システムの構築におけるデザイン−」,横浜デザインサミット2005, 2005年3月

「デザインにおける感性の働き」,日本人間工学会 感性情報・官能評価部会,Nov.2002

「The function of Kansei in Design Process」,University of ULSAN,Aug.2002

「美術鑑賞ロボットは夢になれるか−感性評価の現在と未来−」,第23回美術科教育学会,Mar.2001

「Kansei Behavior & Kansei evaluation」,Korea Research Institute of Standards and Science (KRISS),Jun,2000
など.