本の読み方

効率的に早く読む1つの方法を以下に記す.

ただし,すべての人,すべての本に対してに有効であるとは言えない.しかし,レポートに追われた多忙なデザインを学ぶ大学院生には,多くの場合,恩恵を与えるであろう.

ポイントは,1)2)3)を一気に読むことのみである.

1)「はじめに」をまず読む.
多 くの場合,その本の概要が記されており,何が言いたいのか,何のために書いたのかが簡潔に書かれているため,本文を読む前に内容を容易にかつ短時間に知る箇所なのである.
特に難解と思われる本ほどよく目を通すべきである.

2)「目次」に目を通す.
どういう手順で内容が構成されているかをまず知ることが重要である.
章のタイトルが興味あるものであったり,知っているキーワードが含まれていると,「さあ,読もう」という意欲をそそるものである.


世界史が苦手だった人は,覚えるのが下手だったのではなく,実は時間軸を一本通してから,世界のどこで何が起こったかを把握すべきだったのである.
何が言いたいか・・・・・つまり,目次とは,時系列に並べられた出来事なのである.出来事とは,章ごとの最も重要な事項を示したキーワードなのである.従ってそれに目を通すことは,本の流れを知り,内容を知る近道なのである.

3)「おわりに」を読む.
本の結論,つまり何が書かれているのか,何がポイントだったのかが分かりやすく記されている箇所である.

4)目次に戻って好きな箇所から読む.
最も興味ある箇所から読み始めればよい.読んでいて戻らざるを得ないと思えば戻って読む.思ったほどでもない内容なら次の章へと進む.


こうした読み方は,いずれ斜め読みという意味と方法を獲得して行くことになり,更に効率的に本を読むことができるようになる.
なお,章の量の多い本の場合,同様に章ごとに記されているはじめにと章のまとめだけを先に読めばよい.